脱毛の注意点

初めての脱毛を考えている人は要注意!できる人とできない人

初めての脱毛を考えている人は要注意!できる人とできない人

脱毛に憧れる女性は多くいます。実際にこれから脱毛サロンの無料カウンセリングに行くことを考えている人もいるのではないでしょうか。
脱毛って誰でもできるものだと思っていませんか?
脱毛は誰でもできるものでもあります。しかし脱毛することを避けたほうがいいという人もいます。

脱毛禁止!?控えたほうが良い人の特徴とは

意外と危険、乾燥肌

脱毛とはレーザーを当てて行うため、脱毛に通っているほとんどの人が乾燥肌になりがちです。
もともと乾燥肌の人が脱毛をしてしまうと、乾燥肌が進行し湿疹などが出てしまうこともあります。
乾燥肌が気になる人は、脱毛サロンに通う前に毎日ボディクリームなどを塗って、ケアするようにすると良いでしょう。

日焼けしている人は要注意

脱毛機器は、黒色のメラニンに反応します。日焼けした黒い肌にもメラニンがあり、毛に対する効果が半減してしまいます。
また日焼けは乾燥肌になる原因とも言えます。日焼けして乾燥した肌にレーザーを当てることで余計に乾燥肌へとなってしまいます。日焼けしている人は脱毛することを避けましょう。
 

こんな時は脱毛しちゃダメ!気をつけたい時期

生理中

女性には月に1回必ずやってくる生理期間。
生理中は脱毛することを避けるようにしましょう。生理中でも脱毛は出来ますが、お断りしているサロンが多いです。
もし施術できたとしても、生理による腹痛や頭痛によって痛み止めを飲んだ場合、その日の施術が受けられなくなります

妊娠中

妊娠中に脱毛を行っても胎児には何の影響も及ばないと言われています。しかし妊娠中は脱毛の効果が半減すると言われているため、妊娠中の施術はおすすめされていません。
また妊娠中は乾燥肌にもなりやすく、脱毛によってより乾燥肌になってしまうこともあります。

授乳中

妊娠中の脱毛には抵抗があるものの、授乳中なら大丈夫と思っている人は多いのではないでしょうか。
しかし授乳中は肌が敏感で、脱毛によって肌トラブルを招いてしまうことも考えられます。授乳中でも施術のできるサロンはありますが、控えるようにしましょう。
 

できるサロンはある、でもやらないのがベスト

小学生や中学生の方は、脱毛することはやめましょう。小学生や中学生でも脱毛を受けられるサロンはありますし、脱毛によって何か影響があるということもありません。
しかし体の毛が生えきっていない時に脱毛をしても、あまり意味がありません。違うとことから毛が生えた場合、脱毛をまた1から行うことになります
小学生や中学生のうちは我慢をし、高校生になったら脱毛サロンに通うようにしましょう。
 

ムダ毛が濃いほど嬉しい!

毛が薄い人、濃い人は当たり前のように存在します。そして毛が濃い人ほどムダ毛に対して悩みが深いことでしょう。脱毛は18回ほどで完了するケースが多いのですが、毛が濃い人は通常の回数よりも多くなる場合があります
しかしその分、薄くなっている工程が嬉しく、脱毛完了するとより嬉しいことでしょう。毛が濃いから脱毛が出来ないということは決してありません。濃い人ほど達成感が嬉しく、ムダ毛のコンプレックスがなくなることでしょう。
 

カミソリ負けには気をつけて。逃さない脱毛

ケガをしてしまった部位は、治るまで施術を断られてしまいます。その分、その箇所は脱毛を逃してしまったことと同じです。カミソリなどで肌を切らないようにしましょう。
また女性用の電気シェーバーを使用することをおすすめします。電気シェーバーはカミソリよりもケガする可能性がすくなく、肌にも優しいものです。
 

おわりに

基本的に脱毛は誰でも施術できることですが、乾燥肌の人や日焼けをしている人は避けるべき行為とも言えるでしょう。
また小学生や中学生などの完全に毛が生えきっていない人は、避けるようにしましょう。

アーカイブ

PAGE TOP